6月26日 「悪霊追放」

 勧善懲悪という言葉があります。善を勧めて悪を懲らしめるという物語の王道パターンです。人気の時代劇や子ども向けの童話、ヒーローものの特撮など至る所にあります。「オオカミと三匹の子豚」は解りやすい例です。最終的には悪いオオカミさんが殺されてしまいます。一時期、「殺されるオオカミさんがかわいそう」とか「幼児向けにしては残酷だ」という批判が相次ぎ、オオカミさんと子豚さんが仲良くする結末も多用されました。ところが、肝心の幼児からクレームが挙がりました。オオカミさんが生きていたら、怖くて夜に眠れなくなる、とのことでした。最近では、あっさりと殺されるようになりました。ただし、聞き手の子どもたちが成長し物語の結末に疑問を感じた時点で、卒業、読み聞かせる必要がなくなります。こうして成長し、社会の現実を知る大人たちには、善悪を簡単に二分する物語は面白くありません。悪役がどうして悪に染まったのか、どこまで悪なのか、善なる心がわずかでも残っているのか、等々微妙な心理な変化を求めてしまうのです。最近は、そこでの加減が、善悪のコントラストが強いほど幼児向け、  微妙なほど大人向けと分類されるようになりました。  その視点から、聖書の悪霊を見てみると、不思議なことに気付きました。善悪のコントラストは強烈です。イエスさまの圧勝だから。しかし、人間が関与して、人間の立ち位置は悪よりひどいところになりそうです。勧善懲悪の物語は基本的に善>人間>悪の順序で人に善となるように促すものです。ところが、聖書では善>悪霊>人間の順序です。悪霊はイエスさまの正体を知っていて、その命令に従います。人間はイエスさまの正体に気付かずに、十字架に挙げてしまいます。 まあ、悪霊をやっつけるイエスさま=かっこいい、で終わってしまうと幼児向け。悪霊より人間が怖いと思えたら大人向け、結構層が深くて、難しくできています。イエスさまに助けてもらいたいですね。

6月19日「伝道する教会」

  私たちクリスチャンは伝道する教会というと当たり前のように思えます。だから、伝道しない教会がこの世界に存在するといわれると、逆に驚いてしまいます。キリスト教に近いところからいうと、ユダヤ教とイスラム教です。この二つの宗教は、伝道しない代わりに「子どもの信仰は親が責任を持つ」、とされています。キリスト教からは離れますが、先祖代々信仰が間違いなく継承される世界を福井県でみたことがあります。浄土真宗では先祖伝来のお墓(信仰)と田んぼ(家業)がセットになっており、信仰の継承が生活の安定と密接に結びついていました。ここでは、男子がお墓と田んぼ(土地)を相続します。5才にもなると耕運機(田植え機)に乗って自覚を促します。おまごちゃんの信仰にはおじいちゃんが責任を持っていました。キリスト教は比較的安全な存在として尊重されます。ここでは日蓮宗(創価学会を含む)が伝道型として嫌われます。相続の場面では、田んぼ(土地)が分けられないので、これに見合う現金が分けられます。そのために質素に貯蓄に励んでおられます。聖書に登場する放蕩息子は、敷居をまたがせてもらえません。与えられた相続分を食い潰すなどとんでもないという世界でした。「たわけもの」という表現がありますが文字通り先祖伝来の「田を分ける者」を指します。結構厳しいところもありました。 これに対しておおらかな、ゆるい継承は神社でしょう。特定の区域がありそこに住む人はすべて氏子という理解です。まあ、神道には「教え」がなくて狭義の意味では宗教ですらないかもしれません。特別な規定もなくただただ「ありがたい」という思いを大切にすることも、広く永らく受け入れられていました。祠やお地蔵さんなどは、近所のおばあさんが掃除をしてお世話します。特定専属の宗教家を必要とはしませんでした。このように大方の宗教は、土地産業と結びつき、家族親族の安定を図ってきました。 この視点からすると伝道型の宗教は、新興であるが故に、資産とは結びつかず、既存宗教のシェアを奪う存在として嫌われる傾向にあるようです。ちなみに、現在はイスラム圏はもとより、イスラエルでも布教活動は禁止です。 教会暦は、初代教会の伝統を色濃く残しています。さらには、日本のプロテスタントは、第二次大戦後に増えたところもあり、伝道型でスタートしました。戦後の価値観の不安定な時代はそれなりの成果があったみたいです。しかし、子どもたちへの信仰の継承が、うまく運ばなかったところもあり、苦戦しているのが現状です。社会の情勢に合わせて、言い換えがなされてきました布教から伝道、そして最近は宣教と言い換えています。人の思いや考えを変えていくのではなく、正しい教えを広く宣べて、賛同者を募る形態に変わりつつあります。穏やかに進めましょう。

6月12日「神の子とする霊」

 本日は三位一体主日です。私たちは教理・教義として「三位一体の神」を学びます。ところが、神学部で教理史を学びますと、ここに落ち着くまでにたくさんの議論が合ったことを知らされます。中には犠牲者まで出た(論争に負けた教派が追い出される)ことを知らされますので、この話題(三位一体論)はぶり返さない方が賢明だと知りました。この前提で話を進めます。本日は、父なる神は既知の事実であり、子なるキリストは復活によって神格を得ました。最後の聖霊様が大切だよということを確認する日です。 聖書のテキストからすると、イエスさまは聖霊によって宿り、洗礼を受けたときにも聖霊を受けています。人間イエス+聖霊で、神の御子となりました。使徒(キリストの弟子で特に選ばれたもの)たちも、ペンテコステの日に聖霊を受けて特別な存在となりました。この事件以降の私たちクリスチャンも聖霊を受けることで神の子となり永遠の命を継ぐものとなります。よろこばしいことですね。 理系出身の私にとっては、唯一の全能の神様は、確かにいると思われます。なぜなら、世界の秩序が守られていることが次々と証明されるからです。最近、はやぶさ2が採取した砂から、アミノ酸(タンパク質の材料)が発見されました。地球上で生命体を生み出した神のみ業が全宇宙的に(少なくとも太陽系全般)等しく行われていることが証明されました。もしたくさんの神様がいたら(多神教が真理ならば)、すべてが(神様の種類だけ)バラバラのはずです。例えば、HGウエルズの描いたたこ型火星人のように。ところが、全世界を探しても、全宇宙(太陽系)を調べても、この体系から逃れる生命活動も物理法則も見いだせません。何かしらが見つかるまでは、たった一人の神様がすべてを総ておられるという仮説が最も合理的です。 多神教にしろ一神教にしろ、この類いの神的な存在を否定するなら、すべては偶然の産物、何もかもが運次第となってしまいます。人類の存在はとんでもない低い確率の幸運の産物となってしまいます。そのような薄っぺらな物のうえに私たちが立っているとしたら怖くて落ち着けません。 やはり何かしら偉大な存在があります。(Something great) 科学的にはそこまでですが、信仰的にはそのような偉大な存在が、時折、私たちにかまってくださいます。もちろん自身の作られた秩序(法則)は守られたままですが、それでも、理論的に確率無限小の幸運がやってきます。聖霊様のお働きです。素直に感謝することですね。

6月5日「聖霊の賜物」

  本日は、ペンテコステです。天に昇られたイエスさまが、聖霊様として現れ、みんなに元気を与えたことを記念する日です。 聖書の記述を分析すると。イエスさまは政治犯として十字架にかけられました。弟子たちは、自分たちに累が及ぶことを危惧して隠れて暮らしていました。ところがこの日を境に、伝道の業を元気に行うようになりました。その元気の素は聖霊様です。大音響と共に現れ、燃える舌のような形で使徒たちの頭上で輝きます。すると使徒たちは、世界中の言葉で語り始めました。ということになります。  具体的な内容はともかく、弟子たちがえん罪を恐れてどこかに隠れて潜んでいたことは想像できます。そこに何かしら不思議な力が働いて、宣教に励むようになったのでしょう。 不思議な力で人間が元気になるというお話しはよく聞きます。私たちも何かをするとき、内面からモチベーションが沸いてくる感じがします。これは誰でも経験することでしょう。特に、クリエイティブな作業となると、内面から湧き出す力は必須です。  いつもは客観性と合理性を語る私ですが、内面から湧き出す力については、聖霊様のお働きとして素直に受け入れています。このような力は人為的に引き出すことは困難だからです。  こういった、不思議な力は歴史にも登場します。現在、北海道近代美術館で「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」が開催中です。オランダは元々土地が少なく風車で排水して農地を広げてきました。貧しい土地です。宗教戦争のあおりで、フランスやスペインにいた新教徒(カルバン派)が故郷を追われ移住してきました。勤勉な彼らは産業を興し財をなし、それまでは王侯貴族のものだった芸術(絵画)の新しいスポンサーとなりました。これはプロテスタント神学が勤勉と蓄財を進めたからだと言ったのはマックスウエーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」です。私の目には、聖霊様のお働きの方が大きかったと私は思っています。

5月29日「キリストの昇天」

 私たちは教会暦に従って礼拝の主題を定めています。教理や教義に慣れすぎたせいでしょうか、時折「?」と思うこともあります。本日の主題「キリストの昇天」も定められた頃に思いを寄せて考えてみたいと思います。「キリストの昇天」に関して文献を調べてみると、使徒信条に由来したことがらとされています。使徒信条はキリスト教の教義を文書化したもので、紀元60年頃には現在とほぼ同じ形のものが使われていました。その中の記述で「天に昇り」とあるので昇天したということらしい。もっとも復活のキリストイエスが、天に昇り弟子たちが見送った、というのはルカの記述であり、使徒信条の記述を物語にしたのだろうとおもわれます。  とはいいながらも、現代人である私たちに「天上世界」をイメージすることは難しく、戸惑いを覚えるひともいることでしょう。逆に言えば、古代人にとっては、世界を「天上、地上、陰府」の三回に分類することは常識だったのでしょう。そこから類推して、地上に来られたイエスさまが、実は天地の始めからおられたキリストであり、生まれ故郷に戻られた。もちろん、死を克服された方だから、不思議な力で天に昇られたのだろう。と論理的に組み立てができます。当時としては説得力があったもようです。 今日の私たちは、人工衛星が飛び交う中で、自分たちの世界の延長線上に、つまり、上に上にと上っていいっても、天上世界にはたどり着けないと知っています。そうはいいながらも結構最近までは、天上世界が上の方にあると期待を寄せていました。世界のジョーク集に、世界最初の宇宙飛行士ガガーリン少佐は、「衛星軌道上に天国はなかった」と語ったというのがあります。私の記憶には「上を見ても下を見ても、前を見ても後ろを見ても、右を見ても左を見ても、天国なんてものはどこにもなかった。」 とのジョークがありました。ソ連は共産主義の無神論で、プロテスタントの米国(天国を信じている)を揶揄したお話しです。東西の冷戦期に無神論のソ連が、米国よりも先に有人の人工衛星を飛ばし、唯物論の優秀さを訴えたというものです。これもまあ、60年も昔の話です。以降、私たちが直接にたどり着ける範囲に天国は無くなってしまいました。 まあ、私たちが存命のまま、天国に入るのは元の教義からしても矛盾していますので、元々神様は次元の異なる世界にいらっしゃったのだと、気軽に受け流してくださればと思います。  ということで、キリスト様は元いた(私たちのたどり着けない)場所に帰られました。そして、それは次の段階、聖霊様として見えない形で私たちと共にいてくださるためです。次週の聖霊降臨日には、皆さん元気をいただいて、宣教に励みましょう。

5月22日「父のみもとに行く」

 復活節も残りが少なくなりました。次週は昇天日となりイエスさまが天に昇られます。このことを称して「父のみもとに行く」との主題となりました。日本語的にはまるで亡くなるかのような印象を受ける言葉ですが、イエスさまは既に十字架上で死んでおり、復活後の姿は死にません。そのままの姿で天に昇り「父のみもとに行く」のです。 単純な疑問ですが、なぜ父のみもとにいくのか? 答え①もともとの居場所に戻るだけ ②人類を裁くため ③人類の執りなしのためといろいろ考えられてきました。①はヨハネの黙示録に子羊(イエスさま)の礼拝場面があります。②はいわゆる最後の審判で、苦悩に満ちる姿です。③は本日のテキストとして、創世記から、アブラハムがソドムのために神さまに取りなす姿が描かれます。 アブラハムの執りなしの姿を確認します。この際、50名の善人がいたら、から始まって、45名40名30名20名10名と、合計6回も神さまから条件を引き出しています。食い下がるアブラハムと、これに応じる神さまの姿が印象的です。 余談ですが、この後の場面を映画で見ました。家に帰ったアブラハムが妻のサライに「さすがのソドムでも10名ぐらい善人がいるだろう」というとサライは「数えてご覧なさい」と答えます。そこでアブラハムは具体的に名前を挙げて「○○ならどうだろう」という度に妻のサライは「こんなに悪いことをしている」と答えます。最後にアブラハムが「10人もいない!」と叫んだ習慣に火の玉がソドムを襲う。というものでした。現代人に純粋な善人は説得力がないようです。 私は、それだからこそ神さまの忍耐について興味を持っていました。出エジプト記は民のわがままとこれを忍耐する神さまという構図で読めます。イエスさまの昇天後も、とっくの昔に神さまがこの世界を滅ぼしても納得できるほど悲惨な出来事は続いてきました。 神さまの忍耐が臨界に近づくほどに主イエスがアブラハムのように、その足下に跪いているのでしょう。それこそが、昇天後のイエスさまが天上世界で行っている真の姿でしょう。神さまの前に土下座をして、人類に50名のといいながら、引き留める姿です。2,000年も継続されているのです。ちょっとユーモラスな気もしますが「なるほどそれはありがたい」と感謝の念に駆られます。 イエスさまの最後の審判の姿も良く扱われる主題ですが、一人ずつ言い訳を聞きながら、アウシュビッツの関係者に正しい裁きを説得するのは、原爆の関係者の罪をどのように配分するか、等々考えると無理がありそうです。 ウクライナの紛争を取り上げるまでもなく、人類の犯してきた悲惨な出来事に対して、イエスさまは超人的な忍耐力でもって神さまに取りなしてくださっています。ありがたいですね。

5月15日「神の民」

 結構忘れがちなことですが。イエスさまもその弟子たちもユダヤ教徒でした。ユダヤ教徒の集まりである初代のクリスチャンたちは、ユダヤ人以外にも宣教しました。(ヤムニアの公会議で狂信的と烙印を押されて追放されました。)その折は、従来のユダヤ教徒の言葉を覆してユダヤ人以外も神の民になれるということを弁証しなければなりませんでした。 まず、出エジプト記にはイスラエルの民が神の民になったという記述があります。ユダヤ人ですら神の民になったのです。いまさら他民族が「神の民」になれないはずはないでしょう。 続いてペテロの手紙では、品行方正な行いで、神の民になると記されています。要するに出自にかかわらず誰でもが神の民になれるのです。 ヨハネ福音書は有名な「ブドウの木」のたとえ話が選ばれました。私たちがイエスさまを通して神さまにつながっていることをブドウの蔓にたとえたお話しです。ユダヤ人だろうが何人だろうが、神さまとつながっているのだから大丈夫ということです。ただし、これは、ヨハネ福音書ですから注意が必要です。 ヨハネ福音書には特殊な概念が記されています。今回のブドウの譬えも、私たちが神さまと心でつながっていることを喩えただけではありません。目には見えないけれども、霊的につながっている、これを現実と理解しています。ブドウの枝の部分は霊的世界で存在している、ただ見えないだけだといっています。これは、科学的な実証手段では決して確認できません。ですが、神さまとつながっている、そのつながりを通して日々めぐみが自分に流れ込んでくると確信しています。大いに元気が与えられたことでしょう。この信仰のシンプルさと力強さを受け止めましょう。  文字通り、見えない世界で私たちとしっかりつながっている神さまから、恵みが豊かに与えられますように祈ります。元気に過ごしましょう。

5月8日「キリストの掟」

今は、復活節です。イエスさまと共に過ごせる時間も残りわずかとなりました。イエスさまが生涯を掛けて教えてくださった「教え」をまとめることが求められます。それが「キリストの掟」ということになるでしょう。 イエスさまの教えとは、神さまを愛することと隣人を愛することの二つにまとめられます。そして、この二つは旧約聖書全体のまとめとしても通用する内容です。神を愛することも隣人を愛することも、具体化すれば幅広く展開する事柄となってしまいます。受け止める人によってさまざまな理解が可能です。あえて、しいて、私なりにまとめてみました。いずれも「自分が」という自我を抑えるところにあります。それほどまでも、人間は自我が強く、どうしても「自分が」という思いが出てきてしまいます。 かつては、この「自分が」という思いを超えることが勧められてきました。「自己犠牲」ですね。他者のために自己を犠牲にすることが尊いとされてきました。しかし、この考えを他者に強要する社会(ひとたち)の迷惑も話題になっています。最近(?)の流行語に「善意の搾取」という言葉まで現れるようになりました。程度や加減がたいせつなのでしょう。今風には「自己肯定感」を保てるような工夫が必要です。 本日の聖書テキストは隣人愛の実践として、「落ち穂拾い」の規定が選ばれました。要約すると「収穫の際は社会的弱者のために落ち穂を拾い尽くしてはいけません」ということです。私自身は物心がつくころには、「落ち穂を拾っても生計は成り立たない」と思ってしました。落ち穂程度では、人は救えないだろう、飢餓の克服には届かないと馬鹿にしていました。確かにそれはそうでしょうが、最新の統計によると、飢餓人口は増加しています。その飢餓の最大の要因は「紛争」といわれています。更にその他の要因を加味しても、「みんなが真面目に働いて食糧を増産すれば」飢餓は克服できる話のようです。つまり、貧しい他者に「落ち穂」を譲る程度で、賄えるのかという問題設定ではないということです。人と人が争うから飢えるのであって、主の教えに従って分かち合えば、「落ち穂を拾い尽くしてはいけない」という程度の配慮で問題は解消するようです。 この程度なら、提供する側に「自己犠牲」を強要することなく「自己肯定感」を持たせることができそうです。持続可能な「隣人愛」に励みましょう。

5月1日「まことの羊飼い」

 私たちクリスチャンは、旧約聖書の背景を特別なものと思い込むように教育されてきました。旧約聖書に記された歴史は、神さまのお導きであり人類が救済される物語だと考えがちです。しかし時には、純粋な中東の歴史や思想が表されていると、考えてみることも参考になります。本日の主題となった「まことの羊飼い」も元は「良い羊飼い」であり、中東で王に求められる特性の一つでした。特別な宗教的な価値観ではありません。王の持ち物「錫杖」(エジプトのミイラももっています)が、元来(キリスト教以前)の羊飼いの杖をモデルにしたものだったことはあまり知られていない。王に「良い羊飼い」が求められていることは、領民を上手に養うことが求められてきたことを示しています。  「良い羊飼い」以外にも「平和の君」等があり、王に求められた特性は、食糧の確保と治安の維持にまとめられています。現実の王が十分に答えてくれないのでキリストに期待されたとも言われています。  ウクライナとロシアの戦闘が続いています。ナポレオンのロシア遠征以来(本当はもっと昔から)、ウクライナ方面に在住していた人たちが、どの民族であっても、どの国家に属していても、踏みにじられてきたと見受けられます。  教会の暦としては、イエスさまこそ「良い羊飼い」=「まことの羊飼い」として思い起こすときである。それでも、現代の為政者こそが「善き羊飼い」=「まことの羊飼い」として、そこの領民を守り、他国を侵略しないでいて欲しいと心の底から願ってしまいます。  ネット上には、ロシアの兵隊の給与が5万円とか、死亡時の弔慰金が1万円とか、今時の人件費とは考えられない数字が飛び交います。ウクライナ人の住居からの略奪する物資も家電品や量産品ばかりで、働いて買った方がよほど早いものばかりに見えます。情報の量としては意図的にコントロールされているのでしょうが、二十一世紀に正規軍の兵士が略奪に走ることが理解を超えてしまっています。 30年ほど昔の新興国では珍しかったかもしれないが、陣営によらずそれぞれ経済的に発展して、家電製品ぐらいは普及しているだろう。さらには円安の日本に買い物に来ているのが現実のはずです。「王様」は一体何をしてきたのか?はたして「善き羊飼い」として振る舞ってきたのか。戦争にかり出されてきたロシアの若者たちも気の毒に思えてしまう事柄に見えます。真面目に働いて、正当な対価を得て、豊かな暮らしにいたることがそれほど困難なことなのだろうかと思います。

4月24日「復活顕現」

 週の初めの日の朝早くに「空の墓」が発見された。これが最古の福音書マルコに記された事柄です。 その日の夕刻、弟子たちが2階屋根の家に引きこもって鍵を掛けていました。きっと、主イエスが政治犯として極刑に処せられたので自分たちにも累が及ぶことを恐れたのでしょう。その弟子たちのただ中に復活の主が現れた。そして、手と脇腹を示された。この顕現を体験することで、弟子たちは復活の証人となりました。ところが、その瞬間にトマスは同席していませんでした。後ほど聞いたトマスは自分の目で見るまでは決して信じないといった。8日の後、同じく弟子たちは潜んでいました。この日はトマスも同席していました。そこに再び主が現れました。今度は、トマスに手を見せ、「見ないで信じる者は幸いである」との言葉を残しました。 この逸話は、「疑い深いトマス」として、ネガティブな評価を受けてきました。この評価は変わることなく語られています。しかし、現実のこの社会は、実証主義に変貌しました。科学的に検証されないものを信じてはいけませんと学校で教えられるようになりました。常識では考えられないことはしっかりと疑うことが常識となりました。筆者は、「疑え」という学校の教えと「疑うな」という教会の教えの間に矛盾を感じて永らく自問自答していました。  結論として、主の教えは「確固たる主観をもちなさい」となると思い至るようになりました。つまり、見える見えないは客観的な評価です。信じる信じないは主観の領域にあります。見ないで信じるとは、客観に惑わされずに主観を信じなさいということになるでしょう。これは神さまだけに通用する特別な論理だが、確かに説得力はあります。 少し込み入った説明をします。「見ないで信じるもの」は幸いである。といわれています。この場合、客観としての「見る・見ない」と主観としての「信じる・信じない」のバリエーションがあり、四つの場合が想定できます。「見たから信じる」「見たのに信じない」「見ないで信じる」「見ないで信じない」の四通りです。こうすると問題点がすっきりします。まず「見たから信じる」のは、当たり前といえば当たり前です。そのためにイエスさまも復活顕現されています。強いて揚げ足をとれば、「見た」とは客観的に証明されたのですから、信じるまでもなく事実でしょう。「見たのに信じない」とは、イエスさまが活動中にしるしを示しても納得しないで、更なるしるしを求めるファリサイ派等の人たちです。決して褒められません。「見ないで信じる」ことこそ求められています。なにより復活のイエスは期間限定で、以降は現れません。現代の私たちこそ見ないで信じるものなのです。「見ないで信じない」は論じようがありません。以上の分析から「見ないで信じる」とは「確固たる主観をもちなさい」との結論に至りました。