8月4日「女性の働き」

 女性の働きという主題のもとで選ばれたテキストは、旧約聖書からラハブのお話しです。彼女は主への信仰を語っているようにみせながら、自分が所属する社会(エリコの要塞)を裏切っている。しかし、同時に家族の安全を求めている。というより、家族の安全を求める余り、主の側に付くことを選んだ。この視点からすると、福音書も使徒書も、家族を守るために主の味方になることを選んだ(と推測される)女性の名前が挙げられている。それぞでの連れ合いである男性(主が反体制とするなら、彼らの多くは体制側である) の所得を献金している。 家族を守る女性といえば、第一に母を思い出す。大正7年の生まれで、戦中戦後のたいへんな時期に、たくさんの家族を養った人物だった。筆者が幼い頃、身のまわりは高度経済成長期で何もかもが良くなっていくのに、その恩恵が我が家に回ってこなかった。(ほんの少し貧しい加減だった)いわゆる子どものわがままで、あれが欲しい、これが欲しいと言ったものだった。このわがままに対する母の答えは「自分はひもじい思いをしながら大きくなった。おまえにはそんな思いを一度もさせたことがない」というものだった。自分が受けた境遇よりも、おまえにはより良い境遇を与えている、ということだった。さすがに「仰るとおりです」としか答えようがなかった。  あらゆる統計を見ても戦後の70年間ですべてが良くなっている。人類発祥以来、終戦当時まで平均寿命は50年であり、あまり変動していない。「自分が受けたよりもより良い境遇を」という母(女性)の働きは結実している。日本の社会全体もその方向性を持っている。  私たちもこれに習いたい、できるならば主の教えに従って、次の世代のものたちすべてに、より良い境遇を残したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA