9月8日説教「誘惑・試みからの救い」

 主の祈りからこの一節が選ばれています。「わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください。」 私たちキリスト者は、神の御旨に従って生きることを志しています。すなわち、常にこころが神さまの方を向くように努力をしています。実のところこれがなかなか難しくて、毎週のように礼拝に出席して、罪の告白をし、赦しを請い願っている。これは守れないことが前提となっており、守れなかったから直行で地獄落ちというわけではありません。きちんと礼拝生活を送っておれば、それほど心配するほどのことでもなさそうですね。  誘惑にちなんで少し神学的な話しをするなら、最も危険な誘惑とは、自分が何でもできる、何もかも自分がなしたとかいう類いの思いを持つこととされている。これを難しい言葉で「自己の絶対化」と呼んだりします。絶対という概念は難しいが、対立する概念としては「相対」を考えると判りやすい。「神の前に私は罪人の一人に過ぎません」という表現は自分を相対化しているといえるでしょう。科学者達が宇宙の成り立ちを考える際にキリスト教のGodが使いづらく「something great」を信じるとされるのも、自己(科学)の絶対化を避けたい気持ちを表しているように思える。  ところで最近流行の言葉に「上から目線」というものがあります。これは批判的に用いられることが多いようです。自己を絶対的な立場と認識し、他者を見下げる物言いをすることにたいする批判のようです。ところが語り手が「上から目線で言われたくない」と話し始めると、この語り手こそが上に立とうとしているのかしらと感じてしまうことが多い。専門家の専門性までも「上から目線」の名のもとに拒否しているように聞こえてしまうこともあります。自分自身が専門職なもので余計気になるのかも知れません。‥常に謙虚に振る舞とは難しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA