12月1日「主の来臨の希望」

 アドヴェントを迎えました。降誕日の4週前から、主をお迎えする準備が始まります。この日から教会もクリスマスの飾り付けが始まります。本日与えられた主題は「主の来臨の希望」です。 主とは神さまを指します。キリスト教では神さまを主と仰ぐのが基本です。来臨は「来る」を丁寧に言い表したものです。ですから、神さまがやってくるので希望をもちましょうという意味となります。アドヴェントの第1週は毎年この主題が語られます。ところで、イエスさまは2,000年前に来られました。そのことから来臨に二通りの意味が派生します。一つは「2,000年前の待ち望むという気分を楽しみましょう」ともう一つは「主の再臨(この世の終わり)に希望を持ちましょう」の二つです。前者は判りやすいのですが後者は誤解を招きそうですね。 論理的に言い切ってしまいますが、「将来に希望を持つ」とは「現状に不満がある」ということと同義になります。それはどのような不満かといいますと、ヨハネ福音書の書かれた時代はローマ当局から迫害を受けていました、ローマの国教と認められた頃はゲルマン民族の襲撃を受けていました、もう少し時代が過ぎるとイスラムに追い詰められていました、宗教改革の時代はクリスチャン同士がお互いに、近代に入ると、帝国主義、独裁制、共産主義、etcといろいろな聞きの時代が続きました、常に不満がありました。今現在は、信仰の自由が保障され迫害はなくなりました、しかし世俗主義(神さまがいなくても平気という考え方)に教会が押しやられていると言えそうです。  教会は「いつも希望を持ちましょう」と語り続けてきました。これは「きっと、いつの世にも不満をお持ちの方はいらしゃるでしょう」という意味です。もちろんその不満の解消は、平和的にと勧めています。暴力的な改革革命は勧められていません。ゆっくりと、時間をかけて変わっていきましょうと語ってきました。 クリスマスが近づいています。やはり神さまはいるのです。その神さまは私たちを見て、友だちになりたいと願いました。万能でありながら不器用な神さまは、その独り子をこの世界に送ってくださいました。しかもそれは赤ん坊の姿で(なんて不用心!!)。どうしてこれがうまくいったのかは永遠の謎です。だからこその希望なのです。神さまのお働きに思いを寄せて過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA