12月8日「旧約における神の言葉」

香港の民主化デモが天安門事件(1989年)の再現とならないかとやきもきしながら過ごしています。I’m spending time hoping that the democratization demonstration in Hong Kong will be a reproduction of the Tiananmen incident (1989)そのような中、香港区議会選挙で民主派が圧勝したとのニュースを見ました。In such a situation, I saw news that democrats had won the Hong Kong parliamentary elections.You Tubeからの情報ですが、習近平が、中国国内の批判的な声を粛正しすぎて、客観的な状勢を語る者がいなくなったといわれています。Information from the You Tube, but Xí Jìnpíng, too enforcement the critical voice of China, it is said that those who talk about the objective Josei is gone.その結果、中央政府に忖度した意見ばかりになって選挙の動向を読み誤ったのだろうといわれています。As a result, it has been said that they may have read the election trends incorrectly, leaving only the opinions that were based on the central government.中国政府はメンツをつぶしてしまいました。これで天安門の再来が少しは遠のいたのかと一安心です。The Chinese government has crushed honor. I am relieved that the return of Tiananmen was a little far away.  本日の旧約テキストは、イスラエル南北両王国が対外戦争を始めようとしていました。In today’s Old Testament text, the Israeli North and South Kingdoms are about to begin a foreign war.国中の預言者を集めたところ、ほぼ全員が王に忖度して戦勝を予測しています。After gathering prophets from all over the country, almost everyone predicts victory against the king.反対意見をあえて探したところ預言者ミカヤが呼ばれることになりました。The prophet Micaiah was called when he dared to find his opposition.神に従う(忖度しない)預言者ミカヤは、自国の滅亡を預言してしまいました。というお話しです。The prophet Micaiah who obeys (does not guess a man) God has prophesied the destruction of his country. It is a story.  預言者たちの言葉は、批判的なものが多く、耳に痛いものです。逆に聞き心地の良い話しは偽預言者のものです。The words of the prophets are often critical and painful to the ears. Conversely, pleasant stories are those of false prophets.御言葉に耳を傾けるのは、聞く側の主体性が求められます。しっかりと聞き従いましょう。Listening to the word requires the initiative of the listener. Listen carefully. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA