5/10 説教「聖霊の実」

本日の主題である「聖霊の実」を英訳してみると、Fruit of the Holy Spiritとなった。”fruit”とは果実である。果実といえばエデンの園にあった命の木、善悪を知る木の木の実を思い起こす。それぞれ”fruit”である。それらは神が植え、育て、人は労せず採って食べるものだ。聖霊の実とはそれに類するほど素晴らしいものなのだろう。 ただ、日本の米文化で育った私たちは、人が労して育てた実、すなわち穀物を“実”イメージしてしまっていた。私たちは少し誤解していたようだ。ローマ社会への伝道を志すパウロは、聖霊の実として善行を取り上げ、そのまま実行することを勧めている。これには、それなりの労苦を伴うだろうことから、穀物で違和感なく過ごしていた。だがこれが果実だとすると、労することなく実り、加熱処理も不要で、最初から甘いものとなる。 つまり、パウロの語る「善行」を行った教会は豊かに宣教の実りを得たのだろう。  一方、会堂追放(ユダヤ教から)後の、ヨハネ福音書では、ユダヤ教徒たちへイエスへの無理解を激しく攻撃している。心情的には理解できるが、信教の自由が保障された今日では、婉曲に受けとめるべきだろう。  コロナウイルスの緊急事態宣言下で今日の教会は、自粛要請の対象外とはいいながら、教会自らが休会し、自ら不要不急を認めているような風潮である。労を要する以前に、礼拝というよりどころが不安定になっている。その中にあって各教会は、聖霊さまの働きを明確に示す術を模索している。聖霊の実であるたくさんの人で、会堂が満たされることを、祈り願う。An English translation of today’s theme “聖霊の実” turned out to be Fruit of the Holy Spirit.”果実” is a Fruit.The Fruit reminds me of the tree of life in the garden of Eden, the fruit of the tree of knowing good and evil.Each is colled “fruit”.There are planted and raised by the god, and people harvest and eat them without effort.The fruit of the Holy Spirit may be as wonderful as that. However, as we grew up in Japanese rice culture, we had the image of the fruits, that is, the grains, that people worked hard to grow. It seems we were a little misunderstood. Paul, aspiring to evangelize Roman society, takes good deeds as the fruit of the Holy Spirit and encourages them to carry them out.This was a laborious task, so I was comfortable with the grains.However, if this is a fruit, it will be fruitless with no effort, no heat treatment will be required, and it will be sweet from the beginning.In other words, the church that did Paul’s “good deeds” would have been fruitful of the ministry. On the other hand, in the Gospel of John after the expulsion of the synagogue (from Judaism), the incomprehension to Jesus is violently attacked.It is understandable from the emotional point of view, but today, when religious freedom is guaranteed, it should be accepted as a euphemism.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA