3月7日「受難の予告」

 今日現在、日本国籍を有するものが,日本国内で日本国政府についてどのような批判をしようが、悪口を言おうがしかられる心配は不要です。それは、日本が自由と民主主義の国だからです。とはいっても、独裁制の国家だったり、口先だけで自由を標榜する国では、政権批判が許されない国も現実に存在します。ましてや、イエスさまの生きた時代、生きた場所では自由は限られたものでした。ローマ皇帝の批判は許されず、ユダヤ教を拒むことも許されませんでした。そのただ中にあって「人は私のことをどうゆぶのか?」とのイエスの問いも「生ける神の子です」との答えも、命がけの信仰告白を行ったことになります。 あくまでも私見ですが、この信仰告白の延長線上に、主の十字架があり、この克服としての復活は、まさしく神の力によってなされる業に思えてなりません。これを諫めたペトロさんが叱られるのですが、無理もありませんね。 イエスさまの周りには、憎いローマをやっつけてユダヤが独立し神聖政権をつくろう等の単純な考えの方が多かったみたいです。とにもかくにも「物騒な」状況下での問題発言でした。 伝統的に、この両名の発言は、いのちの危険を顧みずに神の御旨に従った英雄的行為とされてきた。 今日のキリスト教界では、この英雄的行為を褒め称えることに異存はないが、だからといって皆が後に続くようにとお勧めすることは決してしていません。殉教の連鎖拡大は留めておきたいというのが本心です。特に一般信徒においては、迫害下においては信仰を隠し密かに継承することが許されていました。殉教者より継承に重きを置いてきたのです。その向こうに見える十字架という受難は、神様の御子だから超えることができるのです。私たちはひたすらに神様に感謝をささげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA