5月30日「神の富」

「神の富」を考える前に、「人の富」について考えたいと思います。まず、ローマ帝国においては、基軸通貨がデナリ銀でした。世界の富がローマに集中したと言われますが、要するにローマ市民権所有者(その内の貴族)に集中していたことでしょう。初代のクリスチャンは非ローマ市民ですので、「人の富」はあまり巡ってきそうにありません。だから、「神の富」に目を向けましょう。ということになります。 人類は永らくの間、貴金属(金・銀)を基軸通貨としてきました。ところが、いずれも鉱物ですので、鉱山が見つかれば供給過多(インフレ)、掘り尽くせば供給不足(デフレ)となりました。デフレのあげくに世界大戦を勃発させてしまいす。経済の発展には通貨の供給が必要であり、貴金属の裏付けは無用となり信用取引が現代の社会です。「人の富」は政府の都合で無限に供給され、グローバル社会ではとんでもない大金持ちも表れ、格差が大きくなりすぎて富そのものの現実味がなくなってしまいました。 今日では「人の富」は地道に必要なだけ稼ぎ、年金をを確実にしようとしていますを確実にしようとしています。フランス革命のように大金持ちを殺しても、現金そのものがコンピューター上の記号でしかなく、貧しい人たち全てに分配したところで、お金の価値が少し下がる(インフレ)だけで、誰も幸せにはなりそうもありません。  ところが、「神の富」は全知全能の神様が無から有を創り出す力で、無限に造り出せるものです。慌てることも独り占めすることも不要です。人の富の限界を見極めて、落ち着いて神の富を求めながら過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA