8月8日「苦難の共同体」

 「苦難の共同体」という主題は、教会の暦からすると初代教会に対して行われた迫害を想起するものでした。現在のコロナ禍において礼拝やこれにともなう信仰生活が「不要不急」という価値観の元に自主規制や自粛警察へのおびえがあり、迫害下とかわらない状況に追い込まれているような気がします。 大きな文脈とすれば、政府が「不要不急の外出を控えてください」といったときに、教会としては、「信仰生活は大切で必要ななものだ」とのメッセージを発し、それから、感染予防に何ができるのかと検討するべきだった、と反省しています。 現在の日本社会を見ていると、経済活動には何ら制限をかける言動はない。そのうえで、人流を控えるべく、都道府県をまたぐ移動、帰省、食事時の会話、アルコール類の提供を抑える、等々規制が語られています。 人間が人間として生きていくのに、経済活動は必要であろう、しかしそれだけでは十分とはいえない。なにかしら、楽しみなり、家族との絆なり、信仰生活なりが必要だし、どれを選び、どれを省くのかは自由な判断が許されてこその人権だと思います。まさしく、人はパンのみに生きるにあらずなのです。人間という存在の本質を忘れた、無理な議論が続いているような気がしてなりません。 人間性・人間らしさを認めて欲しい、自由な選択を認めて欲しい。そうでないなら、本当の意味で緊急事態なら、きちんと法律を作って、平等に制限をかけることだと思えてなりません。自粛の要請に国民が耳を傾けてくれないのではなく、大切なことを見落としていると警鐘を鳴らしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA