4月10日「十字架への道」

棕櫚の主日です。イエスさまがエルサレムに入場しました。舞台が対決の場に移ったことを示しています。この日民衆は、道に上着や棕櫚の葉を敷きイエスさまを迎えます。これに答えるようにイエスさまは子ロバに乗って道を進まれました。実はこの場面は旧約聖書の「王の入城」を模した姿になります。とりようによってはイエスさまが王を名乗り,民衆がそれを受け入れたということになります。 当時のユダヤはローマの属国であり、個人が自由に王を名乗ることは、ユダヤ当局、ローマ帝国双方に対する謀反と解されます。死刑相当の犯罪です。事実十字架刑はローマに対する政治犯の処刑方法でした。 結局、数日後にイエスさまは、民衆の賛意の元に十字架に赴かれます。本日熱狂的にイエスさまを受け入れた民衆が、数日後に、イエスさまを十字架につけろと叫んだと聖書は記しています。この移ろいやすさに、人間の罪の深さを見るのが、受難節の私たちの過ごし方かもしれません。 エルサレム入城から、復活までの一週間を福音書は大量の文書で綴っています。宮きよめから、ユダヤ教主流派との対決。洗足の木曜日等々ドラマが続きます。できれば目を通して主と共に歩むことをお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA