9月11日「最高の道」

 「最高の道」というのは、神様に従うのに最高(最も良い)方法ということになります。私たちキリスト者は、ユダヤ教や旧約聖書の価値観の延長線上にいます。ですからここでの基本は「十戒」というものになります。 そこで、私が幼稚園でいつもいうセリフです。「十個の約束は覚えるのがたいへんです。そこでイエス様は二つの約束でいいよと言ってくれました。」ということにしています。 多分に生意気な言い方になります。お許しください。道徳や倫理について、細かい規定がある方が悩まなくて良い、という人がいます。もう一方に、基本原理・原則だけ解れば良い、細かい部分はその度に考える、という人もいます。それぞれ自分のタイプを理解して、合わせていただいたらと思います。 それでも時代や状況に応じて細かい規定は変化します。基本の原理は大切にしてまいりましょう。 その1:神様はいます。リスペクトしましょう。その2:人間は人との関わりに生きています。大切にしましょう。ぐらいまでは、要約しても許されます。 私たちが信じているのは生きて働かれる神様です。その神様が精いっぱい働いて私たちを守っていてくださいます。できるだけ、神様の御旨にかなうように。もしできなかったときは、素直に謝れるように過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA