10月30日「保存の契約(ノア)」

  教会の暦が変わりました。降誕前に入りました。今日からアドベントまでは、神様について学ぶ期間です。 最初の主題は「創造」です。神さまの創造のみ業について記しているのは、創世記だけではありません。旧約聖書のあちらこちらに散らばってあります。今日はその内のヨブ記が選ばれました。ここでは、神の創造のみ業の大きさを、人間のサイズと比較して、思い上がらないようにと注意を促しています。 続いて、使徒言行録では足の不自由な人をパウロが癒やすお話しが選ばれています。足を癒やす力もまた、創造の力です。ところがリストラの人々が、ゼウス(ギリシア神話の神々)だと誤解をしてしまいます。これに対してゼウスは偶像であり、神様は生きて働かれる方だと、パウロたちは説明しています。 福音書では、野の花の箇所が選ばれています。私たちが心奪われる金品(物質的財産)は大したものではない。命を与えてくださる神様に心を向けましょうと勧められます。 近代の物理学を発展させた一つの議論を思い出します。「決定論的宇宙」というものです。もし、高性能なコンピューターがあって、ビッグバン以来のすべての原子が計算されたら……というものです。運命にすべてが支配されているというわけです。宇宙論ではその後不確定性理論やカオス理論が登場し将来を予見することは不可能だと理解されるようになりました。パウロのいう偶像が動かないものとなり、運命となるように思いました。生きて働かれる神様に「将来が予見できる」などといったらヨブより厳しく叱られると思います。 神様は天地創造の日以来、世界を創りっぱなしにはしておきません。欠かさずメンテナンスしてくださいます。最大のメンテが、イエスの到来です。楽しみながら過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA